研修情報データベースをご利用いただく前に必ずご一読ください。

研修情報データベースの目的と意義

@ 研修ガイドラインに沿った研修を実施している団体や当該研修の実施スケジュール、内容等をホームページにおいて情報提供します。
A 研修を主催する方(研修企画者)は、主催する研修の情報をホームページで提供できるようになります。
B 研修を受ける方(研修受講者)は、ホームページを閲覧することにより、必要な研修情報を得ることができます。
C 登録された情報については、基本的に確認・審査など行いませんので、ご了承ください。

研修情報データベースの使い方(登録の流れ)

@ 研修の主催者は、主催する研修の情報を登録するExcelシートをホームページよりダウンロードし、保存します。
A 保存したExcelシートに研修情報を入力したら、Excelシートを保存し、研修情報データベースへメールで送信します。この際、研修プログラムも併せて添付して下さい。
B 送信されたExcelシートの内容については、保健指導室で確認後に登録されます。
  研修情報データベースへのご登録が完了いたしましたら、入力担当者の連絡先へ「研修情報登録完了通知」を送信いたします。
C 「研修情報登録完了通知」受信後は、研修情報データベースより随時閲覧していただけるようになります。

⇒それでは、こちらより登録を行ってください。

研修情報データベースの使い方(検索の流れ)

@ 研修の受講者は、企画された研修の情報をホームページ上で閲覧することが出来ます。必要に応じて詳細情報等をダウンロードしてご利用いただくこともできます。
A お問い合わせ等は、研修情報毎に問い合わせ先を明記してありますので、そちらよりお問い合わせいただけます。

⇒それでは、こちらより検索を行ってください。